鳧徯

中国の最古の地理書とされる「山海経」に記されている凶兆となる怪鳥。西山の鹿台(鹿臺)山という山に棲む鳥で、雄鶏に似ているが頭部が人面で、自分の名で(つまり「鳧徯(Fú-xī)」と)鳴くという。この鳥が現われると戦いが起こるとされる。 山海経では他にも顒(Yao)、瞿如(Qú-rú)、竦斯(Sǒng-sī)、人面鴞(Rén-miàn-xiāo)、橐𩇯(Tuó-féi)、𪄀𪃑(Pán-mào)といった人面鳥が紹介されている。 鳧徯(ふけい) 晋・郭璞伝、明・蒋應鎬画「山海経」より 国立国会図書館デジタルコレクション蔵

ページにリダイレクトします。