フイフイマジムン

沖縄本島の大宜味村におけるマジムン(魔物)の一種。「フイフイ」とは追うときの掛け言葉。墓場を行ったとき、行きと同じ道で帰ると後ろをついて来るという。龕を担いだ人たちは竹の棒で戸板や壁を叩き、小石をばら撒き、「フイフイ」と唱えてフイフイマジムンを村の外れまで追い出す。

ページにリダイレクトします。