狍鴞

中国の最古の地理書とされる「山海経」に記されている奇怪な生物。北山の鈎吾山にいて、全体的には羊のような姿をしているが、首から先は人のようで歯は虎、脚の爪は人のようだという。また頭に目がなく前脚の脇あたりにある。この獣は赤ん坊のような声で鳴き、人を食べるとされる。 狍鴞(ほうきょう) 晋・郭璞伝、明・蒋應鎬画「山海経」より 国立国会図書館デジタルコレクション蔵

ページにリダイレクトします。