北斗七星

仏教において北辰(北極星)つまり妙見菩薩(Miào-xiàn pú-sà)の眷属とされる、北天に柄杓型に並ぶ7つの星。「ほくとしちせい」とも読む。単に「北斗(ほくと)」と呼ぶほか「北斗七星尊(ほくとしちしょうそん)」、「北斗七女(ほくとしちにょ)」とも呼ばれる。また北極星ないし武曲星(Wūqū xīng)(ミザール星)付近の「輔星(ほしょう)」(アルコル星)を北辰として加え、「北斗八女(ほくとはちにょ)」、「北斗八星(ほくとはちしょう)」の名でも呼ばれる。 北斗七星(běidŏu qīxīng)は日と月及び五星、つまり七曜の精であり、八方をその光で照らすことによって諸天を輝かし衆生を正しく導くとされる。また善悪や禍福を司るとされ北斗七星(běidŏu qīxīng)を供養すれば長寿や除災の効があるとされる。 《北斗七星(běidŏu qīxīng)》 方位 名称 七曜 本地 西南 貪狼星(Tānlángxīng)(とんろうしょう) 日曜(Sūrya, Āditya)、月曜(Candra, Soma) 運意通証如来(うんいつうしょうにょらい)ないし千手観音(Sahasrabhuja)(せんじゅかんのん) 西 巨門星(Jùmén xīng)(こもんしょう) 月曜(Candra, Soma)、火曜(Maṅgala, Aṅgāraka) 光音自在如来(こうおんじざいにょらい)ないし馬頭観音(Hayagrīva)(ばとうかんのん) 西北 禄存星(Lùcún xīng)(ろくぞんしょう) 火曜(Maṅgala, Aṅgāraka)、水曜(Budha) 金色成就如来(こんじきじょうじゅにょらい)ないし不空羂索観音(Amoghapāśa)(ふくうけんさくかんのん) 北 文曲星(Wénqū xīng)(もんごくしょう) 水曜(Budha)、木曜(Bṛhaspati) 最勝吉祥如来(さいしょうきっしょうにょらい)ないし十一面観音(Ekādaśamukhāvalokiteśvara)(じゅういちめんかんのん) 東北 廉貞星(Liánzhēn xīng)(れんじょうしょう) 木曜(Bṛhaspati)、金曜(Śukra) 広達智弁如来(こうたつちべんにょらい)ないし水面観音(すいめんかんのん) 東 武曲星(Wūqū xīng)(むごくしょう) 金曜(Śukra)、土曜(Śani, Śanaiścara) 法海遊戯如来(ほっかいゆうげにょらい)ないし阿魯力迦観音(あろりかかんのん) 東南 破軍星(Pòjūn xīng)(はぐんしょう) 土曜(Śani, Śanaiścara)、日曜(Sūrya, Āditya) 薬師琉璃光如来(やくしるりこうにょらい)ないし虚空蔵菩薩(Ākāśa-garbha)(こくうぞうぼさつ)

ページにリダイレクトします。