ヒロ

イースター島で崇拝されている雨の神。イースター島には川や泉が無く、飲料水の源泉となるのは雨だけであった。このため雨の神であるヒロ(Hiro)は非常に重要視された。雨はヒロ(Hiro)が流す涙だと考えられており、人々はヒロ(Hiro)に泣いてもらう為に祈祷をささげる。元々ヒロ(Hiro)とは13世紀にタヒチにいた航海者の名前で、雨神ヒロ(Hiro)と彼とは何らかの関連性があると見られる(しかしイースターとタヒチは3000kmは離れている)。

ページにリダイレクトします。