ヒッポケンタウロス

ギリシア・ローマ神話に登場するケンタウロスの分類的名称。馬の胴体と脚の上に人間の上半身と頭がついた姿の一般的なケンタウロスを指す。イクテュオケンタウロス(Ichthyocentaur, Ichthyocentaurus)、オノケンタウロス(Onokentauros, Onocentaurus)、ドラコケンタウロス(竜と人間の混成)、プケンタウロス(牛と人間の混成)などと、本来のケンタウロスを区別する為の呼び名で「ヒッポ」は馬を意味する。大プリニウス(A.D.23~79)の「博物誌」(77)には、蜂蜜付けにされたヒッポケンタウロス(Hippocentauros)がエジプトからローマに送られたという記述が見える。

ページにリダイレクトします。