肥遺

中国の地理書、「山海経」などに見える、旱魃を起こす凶兆とされる怪物。「肥𧔥」とも書く。中国の西方、太華山や英山、更に北方の渾夕山などにいるとされる。「山海経」には「肥𧔥」が一件、「肥遺(Féi-wèi)」が二件、「肥遺蛇」が一件の合計四件の記載があり、それぞれの説明も異なっている。 その姿については、脚が六本、翼が四枚ある蛇、ないし一つの首に二つの体のついた蛇、あるいは鶉のような姿で黄色い体に赤い嘴を持つ鳥だという。鳥の姿の「肥遺(Féi-wèi)」は食べれば癩(らい=ハンセン病)を癒し、また虫下しにもなるとされるが、変わって蛇の姿の「肥遺(Féi-wèi)」が国にに現れると、その国は大干ばつに見舞われるという。 肥遺(ひい) 晋・郭璞伝、明・蒋應鎬画「山海経」より 国立国会図書館デジタルコレクション蔵 肥遺(ひい) 晋・郭璞伝、明・蒋應鎬画「山海経」より 国立国会図書館デジタルコレクション蔵

ページにリダイレクトします。