中国の最古の地理書とされる「山海経」に言及されている、凶兆となる生物の一つ。東山の太山に棲んでおり、一つ目で白い首、蛇の尾を持つ牛のような獣だという。これが陸を歩けば草が枯れ、水を歩けば水が尽きるという。この獣が現われると天下が大疫病に見舞われるとされる。 蜚(ひ) 晋・郭璞伝、明・蒋應鎬画「山海経」より 国立国会図書館デジタルコレクション蔵

ページにリダイレクトします。