辺津那芸佐毘古神

古事記に見える神。黄泉の国から逃げ帰った伊邪那岐命が、身を清めようと禊をした時に化生した神の一人で、伊邪那岐命が投げ捨てた右手の腕輪から生まれ出でたという神。名前の「へツ」は「海辺の」、「ナギサ」は「渚」、「ヒコ」は「彦(男)」を意味し、総じて奥津那芸佐毘古神と対の神であり、「渚の海辺側」を象徴する男神だと考えられる。

ページにリダイレクトします。