ハヴフィネ

ノルウェーの伝承・伝説に登場する人魚。上半身が女性、下半身が魚の姿をしており、気まぐれで荒々しい性格をしているという。ハヴフィネ(Havfine)が人の目に触れることは大きな危険を象徴しているとされ、特に砂浜で白い牛を追っているハヴフィネ(Havfine)を目撃した場合は激しい嵐が起こるとされている。

ページにリダイレクトします。