ハイカナコ

アメリカ北西部に住むネイティブアメリカン、トリンギット族に伝わる老いた女の巨人。名前は「地下の老女」を意味する。トリンギット族の伝承では、世界は巨大なビーバーの片足によって支えられているとされるが、このビーバーを見張っているのがハイカナコ(Hayicanako)であるという。彼女が空腹などによって集中力を欠き、ビーバーから目を離すと地震が起こる。彼女の腹は人間たちが炉に脂を投げ込むことによって満たされるという。

ページにリダイレクトします。