中国古代の地理書「山海経」の南山経の中で、旱魃を起こすとされていた怪鳥の一種。あちこちに炎が噴き出していて草木も生えていない殺風景な活火山「令丘(現在の江蘇省茅山のことと考えられている)」の山に住んでいる。梟に似た鳥の姿をしているが、顔は人面で四つの目が縦に二個ずつ並んでおり、顔の両側には人間の耳がある。ギョウギョウとなく事から顒(Yao)(ぎょう)という名がついたとされるが、この鳥が出現すると国のあちこちで一斉に旱魃が起こり、人民が苦しむ事になると言う。 山海経では他にも瞿如(Qú-rú)、竦斯(Sǒng-sī)、人面鴞(Rén-miàn-xiāo)、橐𩇯(Tuó-féi)、𪄀𪃑(Pán-mào)、鳧徯(Fú-xī)といった人面鳥が紹介されている。 顒(ぎょう) 晋・郭璞伝、明・蒋應鎬画「山海経」より 国立国会図書館デジタルコレクション蔵

ページにリダイレクトします。