合窳

中国の最古の地理書とされる「山海経」に言及されている、凶兆となる生物の一つ。東山の剡山に棲息していて、人面で黄色い体に赤い尾を持つ猪の子のような獣で、赤ん坊のような声で鳴くという。人や虫、蛇を食べる。この獣が現われると天下が洪水に見舞われるとされる。 合窳(ごうゆ) 晋・郭璞伝、明・蒋應鎬画「山海経」より 国立国会図書館デジタルコレクション蔵

ページにリダイレクトします。