降三世明王

密教における明王(Vidyārāja)の一。サンスクリットでは「トライローキャヴィジャヤ(Trailokyavijaya)」という(音写で「怛隷路迦毘惹耶(たんれいろかびじゃや)」、「帝隸路迦也吠闍耶(ていれいろかやべいしゃや)」などと書く)。これは直訳で「三界の勝利者」といった意味で、「三千世界の支配者=シヴァ(Siva, Shiva, Śiva)を降し勝利した者」であることを表している。また「トライローキャヴァジュラ(Trailokya-vajra)」ともいい、これは「三界を堅固にする」といった意味になる。従って漢字圏ではこれらの意味訳で「降三世明王(Trailokyavijaya)(ごうさんぜみょうおう)」、「勝三世明王(しょうさんぜみょうおう)」と呼ばれる。ただし降三世明王(Trailokyavijaya)と勝三世明王はそれぞれ異体として扱われることもある。他にも「伐折囉吽迦囉金剛(ばざらうんきゃらこんごう)」=「ヴァジュラフームカーラ(Vajrahūṃkāra)」や「忿怒月黶菩薩(ふんぬがってんぼさつ)」=「クローダチャンドラティラカ(Klodhacandratilaka)」を同体や異称とする場合もある。 インド神話に登場するシュンバ(Śumbha)とニシュンバ(Niśumbha)というアスラ(Asura)族の兄弟が仏教に取り込まれたもの。インド神話によればシュンバ・ニシュンバは暴虐の限りを尽くし神々を圧倒したものの、シヴァ(Siva, Shiva, Śiva)、或いはシヴァ(Siva, Shiva, Śiva)の配偶神であるカーリー(Kali, Kālī)に殺されたとされている。仏教では仏法に帰依しない大自在天(Maheśvara)(=シヴァ(Siva, Shiva, Śiva))と烏摩(=ウマー=カーリー(Kali, Kālī))に対して金剛薩埵(Vajrasattva)が「オン ソンバニソンバ…」で始まる真言を唱え、阿修羅(Asura)の姿、つまり降三世明王(Trailokyavijaya)になって二人を踏みつけ降伏させたとされる。シュンバとニシュンバは「孫婆菩薩(Śumbha)(そんばぼさつ)」と「爾孫婆菩薩(にそんばぼさつ)」の名前でも密教に取り入れられている。 阿閦如来(Akṣobhya)、金剛薩埵(Vajrasattva)の教令輪身であり、五大明王および八大明王の一尊として東方を守護する。また大日如来(Mahāvairocana)の教令輪身ともされ、尊勝曼荼羅では同じく大日如来の教令輪身である不動明王(Acalanātha)とともに脇侍として配される。降三世明王(Trailokyavijaya)の「三世」とは、欲界・色界・無色界の「三界」、過去・現在・未来の「三世」、三つの煩悩である貪欲(とんよく)・瞋恚(しんに)・愚痴の「三毒」をも指しており、三界三世に通じる三毒と魔を断じ降伏せしめる仏尊とされる。その像形は一面二臂、一面四臂、三面八臂、四面八臂など様々に表現されるが、一般的には正面を三目にした立像で忿怒形の三面八臂で、左右第一手で降三世印、残りの手には弓、矢、剣、戟、五鈷鈴、金剛索、金剛杵などを持つ。また説話に倣い足の下に大自在天(Maheśvara)と烏摩を踏みつけた姿のものが多い。胎蔵界曼荼羅では降三世明王(Trailokyavijaya)(ないし伐折囉吽迦囉金剛)として、及び勝三世明王として持明院に、また忿怒月黶菩薩(Krodhacandratilaka)として、及び孫婆菩薩(Śumbha)として金剛部院(金剛手院)に配される。金剛界曼荼羅においては金剛薩埵(Vajrasattva)の忿怒身として降三世会の主尊として中央に配される。 密号は「最勝金剛(さいしょうこんごう)」、種字は、「अ(a)」、「हा(hā)」、「हाः(hāḥ)」、「ह्रीः(hrīḥ)」、「हुं(huṃ)」、印相は羯磨印、外五鈷印、内五鈷印、真言は「南麼三曼多伐折囉𧹞訶訶訶微薩麼曳平薩婆怛他掲多微灑也三婆嚩怛囇路枳也微若也䙖若急呼莎訶」、「唵寧三婆嚩日囉𤙖」、三昧耶形は五鈷杵、索。 拔折囉吽迦羅金剛 「大正新脩大藏經図像部 第1巻」 「大悲胎藏大曼荼羅 仁和寺版」より 大蔵出版 Copyright: public domain 胎蔵界曼荼羅の持明院における図像。 降三世金剛菩薩 「大正新脩大藏經図像部 第1巻」 「大悲胎藏大曼荼羅 仁和寺版」より 大蔵出版 Copyright: public domain 胎蔵界曼荼羅の持明院における図像。 降三世金剛 「大正新脩大藏經図像部 第1巻」 「金剛界九會大曼荼羅 仁和寺版」より 大蔵出版 Copyright: public domain 金剛界曼荼羅降三世会における図像。 降三世 「大正新脩大藏經図像部 第3巻」 高野山真別院処円通寺蔵「図像抄」より 大蔵出版 Copyright: public domain

ページにリダイレクトします。