業波羅蜜菩薩

密教において、四波羅蜜菩薩の一尊。衆生の利益の事業を象徴する。サンスクリット名を「カルマパーラミター(Karmapāramitā)」ないし「カルマヴァジュリー(Karmavajrī)」といい、「羯磨波羅蜜菩薩(かつまはらみつぼさつ)」、「業金剛女(ごうこんごうにょ)」、「羯磨縛日利(かつまばじり)」などと訳す。金剛界曼荼羅で大日如来(Mahāvairocana)の左(北方)に、不空成就如来(Amoghasiddhi)を出生する菩薩として配される。 密号は「妙用金剛(みょうようこんごう)」、「作業金剛(さごうこんごう)」、種字は「अः(aḥ)」、真言は「唵羯囉磨嚩日哩噁(おんからまばじりあく)」、三昧耶形は篋上(ないし板上)羯磨杵。 羯磨波羅蜜菩薩 国訳秘密儀軌編纂局 編 「新纂仏像図鑑 地之巻」より 国立国会図書館蔵 Copyright: public domain 金剛界曼荼羅の成身会における図像。左手に宝の乗った蓮を持ち、右手に羯磨を立てて持つ。 羯磨波羅蜜菩薩 「大正新脩大藏經図像部 第1巻」 「金剛界九會大曼荼羅 仁和寺版」より 大蔵出版 Copyright: public domain 金剛界曼荼羅の微細会における図像。左手に忿怒十字独鈷の乗った蓮を持ち、右手は薬指・小指を曲げ脇に掲げる。 羯磨波羅蜜菩薩 「大正新脩大藏經図像部 第1巻」 「金剛界九會大曼荼羅 仁和寺版」より 大蔵出版 Copyright: public domain 金剛界曼荼羅の供養会における図像。羯磨杵の乗った蓮を両手で持つ。 羯磨波羅蜜菩薩 「大正新脩大藏經図

ページにリダイレクトします。