中国の最古の地理書とされる「山海経」に記されている生物。「嚻(Xiāo)」の名を持つ生物は「山海経」の中に二回出てくる。一つは西山の羭次山に棲む猿のような姿の獣で、長い腕を持ちものをよく投げるという。もう一つは北山の梁渠山に棲む、四つの翼と犬のような尾を持ち、夸父(こほ=巨人の子のことか)のような一つ目の獣である。こちらの嚻(Xiāo)は鵲(かささぎ)のように鳴き、食べることで腹痛を癒し下痢を止めることができるという。 嚻(ごう) 晋・郭璞伝、明・蒋應鎬画「山海経」より 国立国会図書館デジタルコレクション蔵 嚻(ごう) 晋・郭璞伝、明・蒋應鎬画「山海経」より 国立国会図書館デジタルコレクション蔵

ページにリダイレクトします。