五官王

仏教や道教において地獄で審判を行うとされる十王のうち、四七日の審判を司るとされる仏尊。「五官大王広徳五霊真君(ごかんだいおうこうとくごれいしんくん)」とも呼ばれる。「五官」は「五刑」と理の無辺際を表すと解釈される。合大地獄(いわゆる衆合地獄)、血の池地獄の主とされ、普賢菩薩(Samantabhadra)を本地とし、法衣と法冠を身に着けた理智相で表される。 五官王(Wŭ-guān wáng) 国訳秘密儀軌編纂局 編 「新纂仏像図鑑 天之巻」より 国立国会図書館蔵 Copyright: public domain 四七日普賢菩薩 五官王 1804 藤原行秀 写 「十王寫(じゅうおううつし)」より 国立国会図書館蔵 Copyright: public domain

ページにリダイレクトします。