勾魂鬼

中国の少数民族、赫哲(ホジェン)族のシャーマニズムにおける死神。人が死ぬと、その「転生の魂」は生前の道を再び歩いたあとに、新しく誕生した動物や人間の体に入り込む。この道案内をするのが勾魂鬼(Gòu-hùn-guǐ)である。

ページにリダイレクトします。