五大虚空蔵菩薩

仏教において虚空蔵菩薩(Ākāśa-garbha)の持つ智慧を五方に配し、五尊の菩薩としたもの。それぞれは五智如来(Pañca Buddha, Dhyāni Buddha, Pañca kula-tathāgata)の変化身とされる。「五大虚空蔵法」に説かれる。 《五大虚空蔵菩薩》 方位 名称 身色 本地 中方 法界虚空蔵菩薩(ほっかいこくうぞうぼさつ) 白色 大日如来(Mahāvairocana) 東方(下) 金剛虚空蔵菩薩(こんごうこくうぞうぼさつ) 黄色 阿閦如来(Akṣobhya) 南方(右) 宝光虚空蔵菩薩(ほうこうこくうぞうぼさつ) 青色 宝生如来(Ratna-saṃbhava) 西方(上) 蓮華虚空蔵菩薩(れんげこくうぞうぼさつ) 赤色 阿弥陀如来(Amitāyus, Amitābha) 北方(左) 業用虚空蔵菩薩(ごうゆうこくうぞうぼさつ) 紫色 不空成就如来(Amoghasiddhi) 五大虚空蔵 「諸尊図像鈔」より 国立国会図書館蔵 Copyright: public domain この図像では業用虚空蔵菩薩(左)を紫色ではなく緑色に描いている。

ページにリダイレクトします。