餓鬼

仏教で衆生が「六道(りくどう=煩悩に囚われた者が輪廻転生する6つの世界)」の一つである「餓鬼道(がきどう)」に堕ちた姿。元々はインドの「プレータ(Preta)(Preta)」を意味訳したもので、「闍黎哆(じゃらいた)」、「閉多(へいた)」、「閉黎多(へいらいた)」、「彌荔多(へいれいた)」、「畢利多(ひりた)」など様々に音写されるほか、手にしたものが火に代わってしまうため常に飢えている、ということから「燄口(えんく)」とも呼ばれる。八部鬼衆には「薛茘多(へいれいた)」の名で増長天(Virūḍhaka)の眷属の一つとして列される。

ページにリダイレクトします。