ガーガム

フランスの北西、ブルターニュ地方のケルト伝説に登場する巨人。名前はブルトン語で「そびえたつ曲線」を意味する。ガーガム(Gargam)は足が不自由であり、それを悟られないように夜出没することが多く、そのために「ボワトー(足を引きずる)」とも呼ばれる。

ページにリダイレクトします。