ガッド

イスラム教が広まる以前のアラビア半島北部における神の総称。様々な善なる神がガッド(Gadd)と呼ばれていた。また「幸運」を擬人化してガッド(Gadd)と呼ぶこともあった。

ページにリダイレクトします。