英招

中国の最古の地理書とされる「山海経」に記されている神。天帝が住まうという平圃を司る神であり、人面で翼を持ち、虎の模様が体にある馬の姿をしている。その翼で四海を巡るという。また山海経には「榴のような声を発す」と記されているが、「榴」が何を意味するのかは分かっていない。山海経には他に有翼で人面馬身の姿をした生物として孰湖(Shú-hú)が記載されている。 英招(えいしょう) 晋・郭璞伝、明・蒋應鎬画「山海経」より 国立国会図書館デジタルコレクション蔵

ページにリダイレクトします。