ドヴォロヴォーイ

スラヴ地方における庭の精霊。ドモヴォーイ(Domovoï, Domovoi, Domovoj)が野生化したような精霊で、放って置くとあまり害は無いものの、ときどき人間に恋に落ちたり、怒って八つ当たりする事があるという。白い動物が嫌いでいじめるが、白い雌鳥だけはいじめない。子馬や子牛はドヴォロヴォーイ(Dvorovoi)にいじめられないように農家の中につながれた。パンをあげて優しく話し掛ければドヴォロヴォーイ(Dvorovoi)をなだめられるという。暴れてしょうがない時は、殴ったり、嫌いなもの(白い動物の毛皮、カササギなど)をぶつけたりすると反省する。また干草を運ぶ熊手で突き刺したり、埋葬布から抜いた糸を音を立てて振り回したりすることでも懲らしめることが出来るとされる。通常姿は見えないとされているが、ドモヴォーイ(Domovoï, Domovoi, Domovoj)と似た姿をしているといわれている。

ページにリダイレクトします。