ドモヴォーイ

スラヴ地方における家の精霊。天から落ちた天使のうち、人家の近くに堕ちたものがドモヴォーイ(Domovoï, Domovoi, Domovoj)になるとされ、個々の家庭に守護霊として住み着いているという。名前はロシア語で「家」や「家庭」を意味するドムに由来する。「ドモヴィーハ(Domobikha)」という名の妻がいるが、彼女はドモヴォーイ(Domovoï, Domovoi, Domovoj)と違って決して人に姿を見せようとはしない。全身(手のひらまで)白い毛に包まれた人のような姿をしているものの、犬や猫、羊といった家畜や、時にはわら束などに化けているとされる。ドモヴォーイ(Domovoï, Domovoi, Domovoj)の本当の姿を見たときは不吉の前兆であるとされる。ロシアでは普通家の中央部に竈と兼用の大きな暖炉があり、ドモヴォーイ(Domovoï, Domovoi, Domovoj)はそのそばに住み着いている。暖かい場所が好きであり、ドモヴォーイ(Domovoï, Domovoi, Domovoj)を怒らせるとその家は火災に遭うとされる。ドモヴォーイ(Domovoï, Domovoi, Domovoj)を怒らせないように、ロシアの家庭では夕食の一部を彼に捧げる。またドモヴォーイ(Domovoï, Domovoi, Domovoj)は家族の未来を伝える役目も持っている。夜になるとドモヴォーイ(Domovoï, Domovoi, Domovoj)の声が聞こえる事があり、ぺちゃくちゃと言っている時は、家が平和である印で、反対にすすり泣きや悲しい声が聞こえてくる時は良くない事が起こる印で、たいてい身内に不幸があるという。また暗がりでドモヴォーイ(Domovoï, Domovoi, Domovoj)に触られたとき、暖かく毛深い感触がしたら幸運に恵まれ、湿っぽく冷たい感触がしたら悪いことが起こるともされる。

ページにリダイレクトします。