得勒欽

中国の少数民族、鄂倫春(オロチョン)族における太陽神。太陽そのものを神霊と見るもので明るさや暖かさと万物の成長を司る。鄂倫春族において日食は黄色い犬が太陽を食べるために起こると説明される。

ページにリダイレクトします。