ディディス・マヘンデラ

ボルネオ島に住むダヤク族における神話上の怪物。ダヤク族の世界創造神話では二対の至高神がそれぞれ住んでいた金の山と宝石の山が何回も衝突することによって空や月や太陽が生まれたとされるが、ディディス・マヘンデラ(Didis Mahendera)はこの六度目の衝突によってロワング・リウォ(Rowang Riwo)とともに生み出された。その目は宝石になっており、その唾は生命の水であるとされる。

ページにリダイレクトします。