ダウティナ

メラネシアのフィジー諸島において、航海と魚釣りを司るとされる神。名前は「灯火を持つもの」という意味であり、その名の通り火の神でもあった。ダウティナ(Ndauthina)は子供の頃、母親に火を灯した葦を頭につけられた。それからダウティナ(Ndauthina)は火のついた火鉢を頭にかぶって歩くようになった。航海するものにとってダウティナ(Ndauthina)の火は灯台のような役割をした。ただ、ダウティナ(Ndauthina)の火は航海者を守るだけでなく、闇夜にまぎれて情を結ぼうとする男達をも守る災いの種ともなる。

ページにリダイレクトします。