ダクシェ

チベット仏教において、独自のグループであり、仏敵や悪魔を恐ろしい姿と怒りを持って調伏する8人のダルマパーラ(Dharmapala, Dharmapāla)(護法神)を指す。名前は「怒りの執行者」といった意味。いわば日本の八大明王のような存在だが、含まれる仏尊はハヤグリーヴァ(Hayagriva)を除いて異なる。ダクシェ(Drag gshed, Drakshé)のうち7尊はインド仏教由来だが、ベクツェ(Beg tse, Bektsé)は仏教独自の仏尊である。 《ダクシェ(Drag gshed, Drakshé)とされる8尊》 チベット名 サンスクリット名 シンジェ(gShin rje, Shinjé)(gShin rje) ヤマ(Yama)(Yama) ナクポチェンポ(Nag po chen po, Nakpo chenpo)(Nag po chen po) マハーカーラ(Mahākāla)(Mahākāla) シンジェシェ(gShin rje gshed, Shinjeshé)(gShin rje gshed) ヤマーンタカ(Yamāntaka) ナムトゥーセー(rNam thos sras) ヴァイシュラヴァナ(Vaiśravaṇa) タムティン(rTa mgrin, Tamdrin)(rTa mgrin) ハヤグリーヴァ(Hayagriva)(Hayagriva) パルデンラモ(dPal ldan lha mo, Penden lhamo)(dPal ldan lha mo) シュリー(Śrī) ツァンパ(Tshangs pa, Tsangpa)(Tshangs pa) ブラフマー(Brahma, Brahmā)(Brahmā) ベクツェ(Beg tse, Bektsé)(Beg tse)

ページにリダイレクトします。