大勇猛菩薩

仏教における菩薩(Bodhisattva)の一尊。サンスクリット名を「マハーヴィーラ(Mahāvīra)」といい、「大いなる誇り」を意味するため「大勇猛」と訳される。また「摩訶毘羅(まかびら)」、「摩訶尾囉(まかびら)」と音写する。如意宝珠を仏格化した仏尊であり、胎蔵界曼荼羅の遍知院の南側(右から二番目)に配されるが、「大日経」ではここに如意宝珠を配する。大日如来の衆生利益を実践する徳を別尊で表現したものとされる。 大勇猛菩薩(Mahāvīra) 国訳秘密儀軌編纂局 編 「新纂仏像図鑑 地之巻」より 国立国会図書館蔵 Copyright: public domain 胎蔵界曼荼羅遍知院における図像。肉色の身色で左手を臍にあて火焔のある如意宝を持ち、右手は宝剣を持つ。

ページにリダイレクトします。