"大地を造った者"(アパッチ族)

ネイティブアメリカンのアパッチ族に伝えられる創造神。治癒の儀式などを部族に伝えた治癒神でもある。「大地を創った者」は一人一人が暮らしを立てられるだけの土地をもてるようにした神であるが、アパッチ族は与えられた土地が気に入らなかった。そこで「大地を創った者」は彼らに新しい土地を与えた。アパッチ族(の先祖)はそのためよく眠れるようになり、暮らし振りもよくなったが、その中の二人が病気になったしまった。この病気も治し方も知らなかった彼らに病気を直す儀式を教えたのも「大地を創った者」である。

ページにリダイレクトします。