大精進菩薩

仏教において菩薩(Bodhisattva)の一尊で賢劫十六大菩薩の一。サンスクリット名を「シャウラヤ(Śauraya)」といい、「善き戦士」「誇りある男」といった意味から「大精進菩薩(Śauraya)」や「勇猛精進菩薩(ゆうもうしょうじんぼさつ)」輸、「勇猛菩薩(ゆうもうぼさつ)」と訳すほか、音写では「秫囉野(しゅらや)」と称する。金剛界曼荼羅では檀外の南方(左側)の4尊のうち東(下)から二番目に配される。

ページにリダイレクトします。