大輪明王

仏教における明王(Vidyārāja)の一尊。サンスクリット名を「マハーチャクラ(Mahācakra="大きな輪"の意)」といい、また「大輪金剛(だいりんこんごう)」ないし「大輪金剛明王(だいりんこんごうみょうおう)」とも呼ばれる。八大明王の一人で一切諸魔を降伏する明王(Vidyārāja)であり、胎蔵界曼荼羅の虚空蔵院に配される「曼荼羅菩薩(まんだらぼさつ)」、および金剛手院に配される「大輪金剛菩薩(だいりんこんごうぼさつ)」は同体とされる。像容は「大妙金剛経」によれば黄色の身色で大火を放ち、右手に八幅金剛輪、左手に独鈷杵を持つ。また「大輪金剛総持陀羅尼経」は喜悦する少年の面貌としている。 大輪明王(Mahācakra) 国訳秘密儀軌編纂局 編 「新纂仏像図鑑 天之巻」より 国立国会図書館蔵 Copyright: public domain 大輪明王(Mahācakra) 「諸尊図像(写)」より 国立国会図書館蔵 Copyright: public domain 大輪明王(Mahācakra) 「諸尊図像鈔」より 国立国会図書館蔵 Copyright: public domain

ページにリダイレクトします。