大力金剛菩薩

仏教において菩薩(Bodhisattva)の一尊。サンスクリット名を「マハーバラ(Mahābala)」といい、「大いなる力」や「超大な強さ」を意味する。これを訳して「大力金剛菩薩(Mahābala)」と呼ぶほか、「摩訶嚩攞(まかばら)」と音写する。香象菩薩(Gandhahastin)の金剛部での姿であり、胎蔵界曼荼羅金剛手院の第一行(内側)第四位に配される金剛薩埵(Vajrasattva)の脇侍としてその左下に配される。その像容は青色の身色で口をあけた忿怒形であり、右手に独鈷杵を持ち両足でそれぞれ蓮華を踏んで立つ。 大力金剛菩薩(Mahābala) 国訳秘密儀軌編纂局 編 「新纂仏像図鑑 地之巻」より 国立国会図書館蔵 Copyright: public domain 胎蔵界曼荼羅金剛手院における図像。

ページにリダイレクトします。