大吉祥大明菩薩

密教における仏尊であり、サンスクリット名を「マハーシュリーマハーヴィドヤー(Mahāśrīmahāvidyā)」と称する。これを意味訳して「大吉祥大明菩薩(だいきっしょうだいみょうぼさつ/だいきちじょうだいみょうぼさつ)」、或いは略して「大吉祥明王(だいきっしょうみょうおう/だいきちじょうみょうおう)」と称する。また音写では「摩訶室利摩訶微地也(まかしりまかびちや)」と記される。胎蔵界曼荼羅の観音院の中央行第五位に座す。秘蔵記には肉色で左手に開敷蓮華を持つと書かれており、また現図でも左手に蓮華を持ち右手は小指を立て胸に当て、赤蓮華に座った姿で表されている。 大吉祥大明菩薩 国訳秘密儀軌編纂局 編 「新纂仏像図鑑 地之巻」より 国立国会図書館蔵 Copyright: public domain

ページにリダイレクトします。