𧕛圍

中国において最古の地理書とされる「山海経」に言及されているの神の一人。手足の爪が虎のもので、頭には羊の角が生えた人の姿をした神で、中山の驕山にある雎漳という淵にいるという。𧕛圍(Tuó-tōng)が淵を出入りする時、光が放たれるという。 𧕛圍(だい) 晋・郭璞伝、明・蒋應鎬画「山海経」より 国立国会図書館デジタルコレクション蔵

ページにリダイレクトします。