仏眼仏母

仏教における一尊。如来の眼自体を神格化したものであり、眼に備わる、智を無限に生む功徳を三世諸仏の母としてとらえたもの。サンスクリット名を「 ブッダローチャナー(Buddhalocanā)」ないし「ブッダローチャニー(Buddhalocanī)」といい、仏眼仏母(Buddhalocanā, Buddhalocanī)のほか、「一切仏眼大金剛吉祥一切仏母(いっさいぶつげんだいこんごうきちじょういっさいぶつも)」、「仏眼尊(ぶつげんそん)」、「仏眼(ぶつげん)」、「遍知眼(へんちげん)」、「仏眼母(ぶつげんも)」、「仏眼部母菩薩(ぶつげんぶもぼさつ)」などの意味訳、「勃陀嚕沙那(ほだろしゃな)」などの音写が見られる。大日如来(Mahāvairocana)、釈迦如来、金剛薩埵(Vajrasattva)のそれぞれに由来する3種の仏眼仏母(Buddhalocanā, Buddhalocanī)が存在する。 大日如来(Mahāvairocana)の所変とされる仏眼仏母(Buddhalocanā, Buddhalocanī)は、「虚空眼菩薩(こくうげんぼさつ)」、「虚空眼仏母菩薩(こくうげんぶつも)」とも呼ばれ、胎蔵界曼荼羅遍知院に配される。密号は「殊勝金剛(しゅしょうこんごう)」、種字は「ग(ga)」、「गं(gaṃ)」、三昧耶形は仏頂眼。釈迦如来の所変とされる仏眼仏母(Buddhalocanā, Buddhalocanī)は、「能寂母(のうじゃくも)」、「一切如来宝(いっさいにょらいほう)」とも呼ばれ、胎蔵界曼荼羅釈迦院に配される。密号は「実相金剛(じっそうこんごう)」、種字は「क(ka)」、「त(ta)」、三昧耶形は仏頂眼ないし蓮華上如意。金剛薩埵(Vajrasattva)の所変とされる仏眼仏母(Buddhalocanā, Buddhalocanī)は、瑜祇經に説かれるもので一字金輪仏頂(Ekākṣara-uṣṇīṣacakra)と同体とされる。 仏眼仏母曼荼羅 「諸尊図像鈔」より 国立国会図書館蔵 Copyright: public domain 仏眼仏母を中心に、第一列の八葉に一切仏頂輪王と七曜の天女相(日曜(Sūrya, Āditya)、月曜(Candra, Soma)、火曜(Maṅgala, Aṅgāraka)、水曜(Budha)、木曜(Bṛhaspati)、金曜(Śukra)、土曜(Śani, Śanaiścara))を下部から時計回りに、第二列の八葉に金剛薩埵(Vajrasattva)(金剛手)、観自在菩薩(→観音菩薩(Avalokiteśvara))、虚空蔵菩薩(Ākāśa-garbha)、金剛拳菩薩(Vajrasaṅdhi)、文殊師利菩薩(→文殊菩薩(Mañjuśrī))、纔発心転法輪菩薩、虚空庫菩薩、摧一切魔菩薩を下部左から時計回りに、第三列に歩擲明王(Padanakṣipa)、降三世明王(Trailokyavijaya)、大威徳明王(Yamāntaka)、大咲明王(→軍荼利明王(Kuṇḍalī))、大輪明王(Mahācakra)、馬頭明王(→馬頭観音(Hayagrīva))、無能勝明王(Aparājita)、不動明王(Acalanātha)を下部から左回りに、また四隅に内四供養菩薩(金剛嬉菩薩(Vajralāsī)、金剛鬘菩薩(Vajramālā)、金剛歌菩薩(Vajragīta)、金剛舞菩薩(Vajranṛta, Vajranṛtyā))を左下から時計回りに、外院には四隅に外四供養菩薩(金剛香菩薩(Vajradhūpā)、金剛華菩薩(Vajrapuṣpā)、金剛燈菩薩(Vajralokā)、金剛塗香菩薩(Vajragandhā))を左下から時計回りに、四方に四攝菩薩(金剛鉤菩薩(Vajrāṅkuśa)、金剛索菩薩(Vajrapāśa)、金剛鎖菩薩(Vajrasphoṭa, Vajraśṛṅkhalā)、金剛鈴菩薩(Vajraghaṇṭā, Vajrāveśa))を下部から時計回りに配する。 佛眼佛母 「大正新脩大藏經図像部 第1巻」 「大悲胎藏大曼荼羅 仁和寺版」より 大蔵出版 Copyright: public domain 胎蔵界曼荼羅の遍知院における図像。

ページにリダイレクトします。