仏頂尊

仏教において仏陀の頭頂の功徳、つまり仏智そのものを神格化し仏尊としたもの。サンスクリットでは「ブッドースニーシャ(Buddhoṣṇīṣa)」といい、「菩陀烏瑟膩沙(ぼだうしつにしゃ)」などと音写する。これは如来に現れるという肉体の特徴である三十二相の一つ「頂髻相(ちょうけいそう。サンスクリットでは「ウシュニーシャ(uṣṇīṣa)」)」と元とする。仏頂尊(Buddhoṣṇīṣa)には多くの種類があるが大日経疏に説かれる、三仏頂と五仏頂を合わせた「八仏頂(はちぶっちょう)」が代表的でこの八仏頂は胎蔵界曼荼羅の釈迦院に配される。 尊勝佛頂曼荼羅 「大正新脩大藏經図像部 第3巻」 京都仁和寺蔵「別尊雑記 」より 大蔵出版 Copyright: public domain 尊勝法の本尊として用いられる尊勝曼荼羅の図像。 中央主尊を大日如来(Mahāvairocana)とし、その周りは八仏頂で最勝仏頂転輪(Vijayoṣṇīṣacakravarti)(左・東方)、無量声仏頂(Anantasvaraghoṣa-cakravartin)(左上・東南方)、光聚仏頂(Tejorāśi-cakravartin)(上・南方)、発生仏頂(→高仏頂(Abhyudgatoṣṇīṣa))(右上・西南方)、白傘蓋仏頂(Sitātapatroṣṇīṣa)(右・西方)、勝仏頂転輪(Jayoṣṇīṣacakravarti)(右下・西北方)、除障仏頂(Vikiranoṣṇīṣa)(下・北方)、広生仏頂(→大転輪仏頂(Mahoṣṇīṣa-cakravartin))(左下・東北方)。 上中央には宝蓋があり、その左右に飛天(ないし首陀会天)が六尊。 また右下半月輪中に降三世明王(Trailokyavijaya)、左下三角光中に不動明王(Acalanātha)、下中央には香爐。

ページにリダイレクトします。