武羅

中国の最古の地理書とされる「山海経」に言及される䰠(=神)。中山の青要山という山にある、帝(→黄帝(Huáng-dì))の密都を司っている神だという。人面で豹の模様、小さな腰、白い歯を持ち、耳を「鐻(きょ)」と呼ばれる耳輪で飾っている。「春秋左氏伝」の杜預の注解では羿(Yì)の臣下だと説明されている。 武羅(ぶら) 晋・郭璞伝、明・蒋應鎬画「山海経」より 国立国会図書館デジタルコレクション蔵

ページにリダイレクトします。