菩薩

仏教で仏尊を四つに分けた時の一つ(あとの四つは如来、明王(Vidyārāja)、天(Deva, Dēva))。サンスクリットの「ボーディサットヴァ(悟りを求める者)」の音訳である「菩提薩埵(ぼだいさった)」を略したもの。他に意味による漢訳から「覚有情(かくゆうじょう)」、「開士(かいし)」、「大士(だいし,だいじ)」、「大心衆生(たいしんしゅじょう)」などとも呼ばれる。実際には菩薩とされる諸尊はすでに悟りを得ており、如来になる準備ができているにも関わらず、輪廻の輪の中にとどまって人々を救済しようという者たちのことである。元々は悟りを得る前の釈迦を表す言葉だった。多くの菩薩は「菩薩形」と言われる髪を高く結い上げ宝冠を戴き、耳や胸や腕などに装身具を付けた穏和な表情で表される。これは菩薩の姿が如来になる前の釈迦、つまり王子の姿を基本としているからである。 《代表的な菩薩》 漢名 梵名 弥勒菩薩(Maitreya)(みろくぼさつ) マイトレーヤ(Maitreya)(Maitreya) 観音菩薩(Avalokiteśvara)(かんのんぼさつ) アヴァローキテーシュヴァラ(Avalokiteshvara, Avalokiteśvara)(Avalokiteśvara) 地蔵菩薩(Kṣṭitigarbha)(じぞうぼさつ) クシティガルバ(Kshitigarbha)(Kṣitigarbha) 文殊菩薩(Mañjuśrī)(もんじゅぼさつ) マンジュシュリー(Mañjuśrī) 普賢菩薩(Samantabhadra)(ふげんぼさつ) サマンタバドラ(Samantabhadra)(Samantabhadra) 虚空蔵菩薩(Ākāśa-garbha)(こくうぞうぼさつ) アーカーシャガルバ(Ākāśagarbha) 勢至菩薩(Mahā-sthāma-prāpta)(せいしぼさつ) マハースターマプラープタ(Mahāsthāmaprāpta) 日光菩薩(Sūrya-prabha)(にっこうぼさつ) スーリヤプラバ(Sùryaprabhā) 月光菩薩(Candra-prabhā)(がっこうぼさつ) チャンドラプラバー(Candraprabhā) 般若菩薩(Prajñāpāramitā)(はんにゃぼさつ) プラジュニャーパーラミター(Prajnaparamita, Prajñāpāramitā)(Prajñāpāramitā) 金剛薩埵(Vajrasattva)(こんごうさった) ヴァジュラサットヴァ(Vajrasattva)

ページにリダイレクトします。