毘倶胝菩薩

仏教における菩薩(Bodhisattva)の一尊。「毘倶胝」は「びくてい」とも読む。サンスクリット名を「ブリクティー(Bhṛkuṭī)」といい、眉の皺を意味する。毘倶胝菩薩(Bhṛkuṭī)のほか、「毘倶知菩薩(びくちぼさつ)」、「毘哩倶胝(びりくち)」、「大毘倶胝(だいびくち)」、「苾句胝(ひくち)」、「毘倶胝観世音菩薩(びくちかんぜおんぼさつ)」、「毘倶胝天女(びくちてんにょ)」などの名称で呼ばれる。 観音菩薩(Avalokiteśvara)の額の皺から生じた忿怒尊であり、怠慢や我執の生じた諸金剛仏に対し忿怒をもって恐怖を抱かせ自戒させる仏尊であるという。日本ではほぼ信仰されず、胎蔵界曼荼羅のみに見られるが、チベット仏教ではターラー(Tārā)の一側面である黄色のターラー(Tārā)として「トニェルチェンマ(Khro gnyer can ma, Tronyer chenma)」ないし「ラモトニェルチェン(Lha mo khro gnyer can, Lhamo tronyerchen)」として信仰される。胎蔵界曼荼羅では観自在院の内列(最右列)第三位に配される。その像容は一面四臂で、右手は数珠鬘を持ち施願印を結び、左手は蓮華と軍持を持つ。またその円光は黄色、白色、赤色の三色が備わったもので、それぞれ増益、息災、降伏を意味するという。 密号は「降伏金剛(こうぶくこんごう)」、「定慧金剛(じょうえこんごう)」、「除障金剛(じょしょうこんごう)」、種字は「भृ(bhṛ)」、「त्रा(trā)」、真言は「南麼三曼多勃馱喃薩婆陪也怛囉散儞𤙖薩破吒也莎訶」、「薩縛佩也怛羅散儞娑破吒也娑縛賀(さらばびやたらさんにそはたやそわか)」、三昧耶形は数珠鬘。

ページにリダイレクトします。