アズブガ

旧約聖書偽典「第3エノク書(ヘブライ語エノク書)」に言及される天使。「アズブガ H(Azubuga H)」「アズブガ・ヤハウェ(Azbuga YHWH)」、「アズブガ・ヤハウェ(Azbogah YHVH)」、「アスボガ(Asbogah)」、「アズブガイ・ヤハウェ(Azbugay YHWH)」などの名前でも呼ばれる。その名前は「力」を意味し、メタトロン(Metatron)より高位とされる審判の座の偉大な支配天使であるメルカバ(Merkabah)の8人のうちの一人とされる。栄光の王座の秘密を知る天使であり、正義や敬虔な行いによって天国へ到達した者を擁護するという。また#azbugaの名は病気や傷を癒し悪霊を祓うために唱えるべきものとされる。第3エノク書においてアズブガ(Azbuga)はゼハンプリュ(Zehanpuryu)より上で、ソフリエル(Sofriel)より下の位として描かれている。

ページにリダイレクトします。