猰窳

中国神話における怪物の一種。「窫窳」とも書く。もとは天神だったが、天神である弐負(じふ)とその臣下の危(き)に殺され、怪物と化したとされる。地理書「山海経」によれば「少咸」と呼ばれるに住む牛のような姿の獣で、赤い体で人面・馬足、赤ん坊のような声で鳴き人を食べるという。他にも人面竜身だとか、狸に似た獣だとか、竜頭虎身で馬の尾を持つ巨大な怪物だとか、文献によってその姿には様々な説があるが、人を食うという点は共通している。怪物と化した 猰窳は五帝の一人である堯(Yáo)の統治していた時代に猛威を振るったが、弓の名手であった弓の名手であった羿によって殺されたという。 窫窳(あつゆ) 晋・郭璞伝、明・蒋應鎬画「山海経」より 国立国会図書館デジタルコレクション蔵

ページにリダイレクトします。