アタエンシク

ネイティブアメリカンの一部族、イロコイ族における地母神、あるいは天空の女神。善なる者ハーグウェーディユ(Hahgwehdiyu)と悪なる者ハーグウェーダエトガー(Hahgwehdaetgah)の双子を生んだ後死んだとされる。母アタエンシクの死後ハーグウェーディユはその亡骸から世界を創造したという。

ページにリダイレクトします。