青沼馬沼押比売

「古事記」において、大国主神の子孫の系譜が語られる段に記されている名義不詳の女神。「あおぬまうまぬまおしひめ」とも読む。敷山主神の子神であり、美呂浪神とともに布忍富鳥鳴海神の親神とされる。それぞれの神ともに名義不詳ではあるが「山」、「波」、「沼」、「海」と自然との関連が見て取れる。 一名を「青沼馬野押比売命(あおぬまのおしひめのみこと)」ともいい、「青沼馬野」は地名であり、「押比売」は「大姫」を意味するのではないかとされている。

ページにリダイレクトします。