阿耨観音

仏教において変化観音(→観音菩薩(Avalokiteśvara))の一種であり、三十三観音の一尊。「法華経」の「大海を漂流しているときに龍や魚や鬼による難があっても、観音の力を念じれば波でさえその者を侵すことができない」という一説を論拠としたもの。「阿耨」という尊名は阿那婆達多竜王(Anavatapta)の住む「阿耨達池(あのくだっち)」と呼ばれる池の名前から。岩上に坐し海を眺める姿で描かれる。

ページにリダイレクトします。