頞儞羅大将

仏教において夜叉(Yakṣa)の頭領の一人であり、薬師如来(Bhaiṣajyaguru)の眷属である十二神将の一人。サンスクリット名を「アニラ・マハーセーナーパティ(Anila Mahā-senāpati)」といい、「摩尼羅(まにら)」、「安濕羅大将(あしらたいしょう)」とも訳される。「アニラ(anila)」は「風」を意味し、風の神であるヴァーユ(Vāyu)と関連している。如意輪観音(Cintāmaṇicakra)を本地とし十二支のうち辰ないし未の神とされる。 頞儞羅大將 国訳秘密儀軌編纂局 編 「新纂仏像図鑑 天之巻」より 国立国会図書館蔵 Copyright: public domain 白色の身色で天衣と甲冑を着け、髪は逆立ち忿怒形。頭上に竜頭を戴き右手に剣、左手に矟を持つ。 頞儞羅大將 国訳秘密儀軌編纂局 編 「新纂仏像図鑑 天之巻」より 国立国会図書館蔵 Copyright: public domain 羊冠を戴き両手で矢を持ち矢の曲がりを直す姿勢で弓を後ろに置く。

ページにリダイレクトします。