網剪

「網切り」とも書く、鳥山石燕の「画図百鬼夜行」に見える妖怪。それ以前の文献に見つからないため石燕の創作した妖怪である可能性が高い。エビのような体に蟹のようなハサミを持って網を切っている姿が描かれている。多田克巳は、これは魚などを捕る「網」と撒き餌などに使われる甲殻類の「醤蝦(あみ)」とをかけて創作された妖怪ではないかとしている。海にいる仲間を救うために死んだアミが妖怪と化し網を切る、といった妖怪と考えられる。 網剪(あみきり) 1805 鳥山石燕著 「畫圖 百鬼夜行(前篇陰)」より 国立国会図書館蔵 Copyright: public domain

ページにリダイレクトします。