アメサ・スペンタ

ゾロアスター教における聖なる存在(神々)の総称で、アメシャ・スペンタ、アムシャスペンズ、アメシャス・スペンタとも呼ぶ。名前は「聖なる不死者」ないし「不滅の聖性」の意。ゾロアスターの宗教改革以前に信じられていた古代ペルシアの神々だったと思われる。つまり至高神であるアフラ・マズダ(Ahura Mazdāh)を絶対の存在とする一方で、古代から信仰・人気のあった神々を、アメサ・スペンタ(Amesa Spenta, Aməša Spənta)として教義に取り込み、邪悪な神であるアンラ・マンユ(Angra Mainyu)に対立する唯一絶対の神アフラ・マズダ(Ahura Mazdāh)の見せる別の顔として定義しなおしたというのが通説である。アフラ・マズダ(Ahura Mazdāh)だけが信仰に値する存在で六柱ないし七柱のアメサ・スペンタ(Amesa Spenta, Aməša Spənta)は、アフラ・マズダ(Ahura Mazdāh)と人間(信者)達の間を仲介する存在とされる。その使者という立場からよくユダヤ・キリスト教の天使(参考:エンジェル(Angel, Ængel, Ængle, Engel, Enngell, Angil, Eangel, Angle, Aungel, Aungele, Aungelle, Aungil, Angell, Angelle, Angele))と比較される。 アメサ・スペンタ(Amesa Spenta, Aməša Spənta)はそれぞれが、生き物の種、一年のある一部、といった世界を構成する特定の部分に関わっている。ゾロアスター教の天界にける天界の最高天に住み、眩く輝く不可知の存在であり、教主ゾロアスターはアメサ・スペンタ(Amesa Spenta, Aməša Spənta)の前に立ったときその輝きで自分の影すら見れなかったという。信者だけでなくヤザタ(Yazata)でさえも彼等に祈祷を捧げるとされる。 《アメサ・スペンタ(Amesa Spenta, Aməša Spənta)各柱の名前と司る象徴》 スプンタ・マンユ(Spenta Mainyu)(Spenta Mainyu) 真理 ヴォフ・マノ(Vohu Mano)(Vohu Mano) 善き思い、動物、家畜 アシャ・ヴァヒシュタ(Asha Vahishta)(Asha Vahishta) 正義、火 スペンタ・アルマイティ(Spenta Armaiti)(Spenta Armaiti) 信仰、地 クシャスラ(Kshathra)(Kshathra) 支配、太陽と天 ハウルヴァタト(Haurvatat)(Haurvatat) 完全、水 アメレタト(Ameretat)(Ameretat) 不死、植物

ページにリダイレクトします。