天之狭霧神

日本神話に登場する神。「古事記」でのみ登場し「日本書紀」では言及されない。同訓で「天狭霧神」とも書く。国之狹霧神とともに大山津見神・野椎神の両神から生まれた神だが、伊邪那岐命と伊邪那美命の御子神「三十五神」の一柱として24番目に数えられる。名前の通り山野の霧の神だと考えられる。神産みの段以外では、大国主神の系譜が語られる段で遠津待根神の親として出てくる。

ページにリダイレクトします。